Change the MENU

必要なのはちょっとした「工夫」お客様に喜んでいただきたい!

新型コロナウイルスにより、この数カ月で世界の状況が大きく変化しました。そして、柴田屋の大切なお客様がいる飲食業界も多大なる影響を受けました。いつもであればドリンクメニューの提案をするページですが、今回は、お客様がお店に来て楽しく食事をとるシーンが戻ってきた時に、来店の感謝と、お客様にとって“ちょっと嬉しい” を味わっていただける事例をご紹介したいと思います。必要なのは「ちょっとした工夫」のみ。“これやってみたい!”と思っていただけたら幸いです。

ご予約のお客様に

【空きボトルにメッセージ 実施店:Bon様】お名前&ウェルカムメッセージや、“このワインに合う料理は○○です!”と、マリアージュを提案したらオーダーにつながるかも?

【コースターでウェルカム 実施店:KNOCK(ノック)様】予約されたお客様に関するひと言メッセージをコースターに。心遣いが伝わって、嬉しくなります!

ドリンク提供法

【セルフサービス 実施店:今日どう?様】自分でビールを注いでもらう。サーバーから注いでみたい、と思っているお客様は実は多いらしく、その体験を提供されています。スタッフさんが少ない時にも助かりますね!

【語るメニュー 実施店:ICHIWA様】ワインの味わいがイメージしやすいコメントを大きく表示。メニューがお店のスタッフさんの代わりになって、わかりやすく説明してくれるので、ワイン初心者のお客様でも選びやすい!※メニュー作成承ります。担当営業までご相談ください。(規定デザイン、納期など条件があります)

【ちょっと味見できる 実施店:フェーヴ様】グラスワインご注文時に、気になるワインを少し味見させてあげることで、イメージと違っていた、ということが無くなり、お客様の満足度がUP!ワインの本場イタリアでも行われているサービスです。
TOP