TOP対談

TOP対談 株式会社DREAM ON 代表取締役社長 赤塚 元気氏

弊社社長が飲食店経営者に直接インタビュー。第1回目は、株式会社DREAM ON 代表取締役社長 赤塚 元気氏にお話を伺いました。
--飲食業界に入ったきっかけを教えてください。

(赤塚氏)大学の入学式当日、勧誘されたサークルの飲み会についていき、その店でバイトしている先輩から自分もやらないかと声を掛けられたのが、飲食業界への一歩でした。そのまま2年ほど続けているなか、就職を考える時期がやってきました。両親は商社などに勤めてほしかったようですが、料理の楽しさ、バイトで体験した接客のおもしろさも相まって、私はこれで生きていこうと決心しました。それからは学校よりもお店優先の生活です。お店の開店時間までは無給でいいからと、市場へ行って買い出したりと、午前中から働いていました。

そしていよいよ就職となった時、父親のやっている飲食店に入ることになりました。父親は地元の愛知県で様々な業態の会社経営をしていて、その一つに居酒屋があったんです。フランチャイズだったのですが、この先続けるか決断の時期にいました。だったら自分にやらせてほしいとお願いし、店長として入店することにしました。ただ卒業してすぐに店長ですので、正直経営についてよくわかっていない状態で、苦労も多かったです。社員は自分より全員年上、皆モチベーションも低く、自分への反発もありました。

そんな時、父に「人について来てほしいのであれば、夢を語るなど言葉ではなく、本気の行動を見せることだ」と言われ、自分なりに考え、誰よりも長くお店に居ようと決めたんです。朝は掃除から始まり開店準備、ビラ配りとあらゆることをしました。そうしているうちに皆がついてきてくれるようになり、いいチームに成長し、お客様にも「いい店だね」と言ってもらえ、結果が売り上げに反映されるようになりました。

そういった経験があるから、今でもオープンする店舗には一番長くお店に居るようにしています。昔ながらの考え方かもしれませんが、これがDREAM ONの、そして僕の礎になっています。
  

--確かに、現場にいらっしゃるイメージが強いです。現在は何店舗展開されていて、今後の出店はどうお考えでしょうか。

(赤塚氏)愛知県で9店舗、東京で11店舗展開していて、今秋オープンが1店控えています。バル業態は今まで通り自分たちらしいお店を出していきながら、カフェなどはFC展開していこうと考えています。今、店舗は20を超えてきましたが、業態は絞る方向ですね。全店違ったメニューを出していることもあり、ちょっとどこかの状況が悪くなった時に立て直しが利かないのはリスクです。

--つい頼んでみたくなるようなユニークな料理が魅力のひとつだと思いますが、どうやって誕生しているのでしょう?

(赤塚氏)最初のコンセプトやアイデア出しは僕です。例えば「こんなメニューを入れたいけど、うちらしくできないかな」とスタッフに投げると、彼らからフィードバックがあります。メニューが決まれば大枠は変えず、旬の素材だけ変更するようにしていますね。
 
--なるほど。世のトレンドはどれくらい意識していますか?

(赤塚氏)流行りものは一番初めにやる人になるか、手を付けないかどちらかだ、と昔から父に教えられていて、自分は後者タイプなので、時流は読むけれど流
行りものにどっぷり投資することはないですね。店づくりも10年20年続くことを考えたものにしています。造りたいものにきちんと投資して、長く売って、自分た
ちを表現していきたい。

―経営者だからこその悩みもあると思いますが、誰かに相談したりされますか。
(赤塚氏)悩んだ時は、自分で解決するタイプですが、人と定期的に会う際にヒントはもらっています。社員にちょっと弱音を吐くこともありますけどね。(笑)
 
--この先に描いている夢や目標をお聞かせいただけますか。

(赤塚氏)単一業態でない自分たちが上場を目指すには、M&Aをひとつの手段と考えています。業界を良くしていきたいという同じ想いの人と繋がり、それが結果
として規模が大きくなるということで、波を起こせるような、そんなひとつの繋がったチームになれたら、今まで見えなかった景色や夢が見れるのではないかと思っ
てますね。
 
--赤塚社長らしい未来図ですね。経営するにあたって、自身の哲学はお持ちですか。

(赤塚氏)“働く仲間たちの物心両面の幸福を目指すこと”を意識しています。両方満たせるようにすることが、自分が社長を務めるうえで一番大切なことだと思っていますので、なにか決断の時は「これがみんなの幸せに繋がるのか」「私利私欲になってないか」自問しますね。
 
--すばらしいですね!スタッフさんには、それをどのように伝えていますか。

(赤塚氏)ある方に、“理念浸透とはそんなに難しいことではなくて、社長が普段どんな言葉を使っているかだよ” と言われたことがあります。それから頻繁に「お客様の笑顔のために」と「仲間の幸せのために」と言うようにしています。これは会議中であろうが、スタッフと飲んでいる時であろうが使って、これが僕の、そして会社の基準であることを伝えています。

赤塚社長、貴重なお話ありがとうございました。株式会社DREAM ON様の詳細情報はHPでもご覧いただけます。 
HP:https://dream-on-company.com/

SHOP LIST

■DRAエイトマン
所在地:東京都渋谷区神宮前6-20-10 MIYASHITA PARK North 3F
電話番号:050-5597-8740
営業時間:【月~金】11:00~15:00/17:00~22:00 
       【土日】11:00~22:00
定休日:施設に準ずる

■DRAスタンド/ウラドラ
所在地:東京都千代田区内幸町1-7-22 日比谷グルメゾン
電話番号:070-4347-7810
営業時間:【月〜土】17:00-24:00 【日】16:00-23:00
定休日:無休

■横浜DRAセブン
所在地:神奈川県横浜市西区南幸1-1-1NEWoWan横浜8階
電話番号:045-534-5586
営業時間:11:00~22:00
定休日:未定



TOP