Company

会社案内

柴田屋酒店は1935(昭和10)年に東京は中野で創業して以来、飲食店などに対する酒類の卸売をベースにした事業を展開してきました。過去には小売りや食品なども手掛けた時期もあります。しかしながら、大資本が酒販業界に進出する中、当社ならではの特色を打ち出そうと、10数年前に「ワイン」「ビール」「日本酒」を中心とする酒類の業務卸として、専門性を極めていく道を選びました。その結果、現在では首都圏全般の2,500軒以上のお客様と取引させていただくまでになり、特にワインとクラフトビールに関しては目覚ましい実績を残しています。
 
ここまで発展することができたのは、手間のかかることを率先してやってきたからこそ。例えば、ワインに注力することを決めた際、ワイン提案力で日本一を目指すべく、全社員がソムリエ資格取得を目指し、今では20名以上の有資格者を抱えるまでなりました。近年は当社で蓄積した受験ノウハウを飲食店に提供するべく、ソムリエ試験対策講座を実施しており、既に120名を超えるソムリエを輩出するに至っています。
 
また、試飲会や店舗運営セミナー開催や情報紙「こだわり通信」の発行、365日試飲ができる場として「TastingBar」を中野と神田に開設するなど、情報提供を精力的に展開。さらには接客こそが飲食店の発展のカギを握るからと、仲間とともにNPO法人を立ち上げ、飲食店の接客コンテスト「S1サーバーグランプリ」をはじめました。12回目を数える現在は大手も参加する全国規模の大会となっています。
 
今後、成人人口が減少していく中では、海外に積極的に進出していくべきだからと、4年前にバンコク、その後、香港とミラノ、ザンビアにも拠点を作りました。現地で日本酒などを販売するとともに、海外での商品開発や人材の発掘なども行い、国内のお客様にも貢献していきたいと考えています。
 
「柴田屋は絆を大切にし、社員とお客様の成長と幸せのために挑戦し、飲食業界の発展に貢献します」が私どもの理念。社員が成長を遂げることが、お客様の成長と幸せに直結するのです。不可能を可能にする人材とともに、新しい価値を創造していきたいと思っています。
 
<代表取締役 柴 泰宏>

会社概要

  • 社名
    株式会社 柴田屋酒店
  • 資本金
    1000万円
  • 設立
    昭和44年9月1日
  • 代表者
    代表取締役 柴泰宏
  • 従業員数
    182名(パート含む)
  • 決算期日
    8月31日
  • 売上高
    71.2億円(平成30年8月期)
  • 取引銀行
    りそな銀行 中野支店
    三井住友銀行 新宿西口支店
    商工中金 新宿支店
    きらぼし銀行 中野支店
    みずほ銀行 中野支店
    三菱UFJ銀行 中野支店
  • 事業
    業務用酒類卸業
  • 関連会社
    株式会社 柴田屋ホールディングス
    Shibata-Ya THAILAND
    Shibata-Ya ITALY
    Shibata-Ya KOREA
    Shibata-Ya USA
    株式会社 麦酒企画
  • 営業日
    12/31ならびに1/1を除く年間363日営業

柴田屋のロゴマーク

柴田屋の目指す「人と人をSAKEで繋ぎ、世界中を笑顔にします」を象徴したのが、このロゴマーク。それぞれの意味は、下記の通り。
 
白い円
丸い地球=世界の象徴
 
柴犬
創業者である柴五郎の愛犬ジョンが柴犬(英語表記“Shiba”)であったことからデザインされた。日本の天然記念物に指定された7つの日本犬種の中でもっとも人気がある柴犬のように、「業務用酒販店の中で、お客様から愛される存在になりたい」という願い、さらには「柴藪(しばやぶ)を巧みに潜り抜けて猟を助ける」柴犬のように、「あらゆる困難を潜り抜け、常にビジネスチャンスを伺い、飲食業界発展のためにお客様のご繁盛を応援したい」との決意が表われている。
 
一升瓶
いまや“国酒”から“国際酒”へと進化を遂げている日本酒。柴田屋はSAKEのプロフェッショナルとして、世界中に国酒である日本酒を広めていこうという決意の象徴。
 
ハートの赤いリボン
人と人をリボンが繋ぎ、新たな出会いと固い絆が織りなす心の触れ合いとしての象徴がハートに込められている。

売上高及び従業員数推移(50期以降は計画)

売上高及び従業員数推移(50期以降は計画)

柴田屋グループ

柴田屋グループ

株式会社柴田屋酒店

株式会社柴田屋酒店

会社所在地

本社

  • 住所
    中野区中央5-3-11
  • TEL
    03-3382-3666
  • FAX
    03-6382-4317

練馬センター

  • 住所
    練馬区貫井4-41-20
  • TEL
    03-3577-8925
  • FAX
    03-3577-8925

Tasting BAR 柴田屋酒店 本店

  • 住所
    中野区中央5-3-11
  • TEL
    03-3382-3666
  • FAX
    03-6382-4317

Tasting Bar 柴田屋酒店・八丁堀店

  • 住所
    中央区八丁堀1-8-6 カサイビル 1F
  • TEL
    03-6262-8399

ファミリーマート 杉並方南町交差点前店

  • 住所
    杉並区堀ノ内1-1-12
  • TEL
    03-5305-4748
  • FAX
    03-5305-4748

ファミリーマート 杉並和泉店

  • 住所
    杉並区和泉4-48-17 鈴木ビル
  • TEL
    03-5378-7595
  • FAX
    03-5378-7595

SHIBATA-YAの仕組み

SHIBATA-YAの仕組み

事業戦略

「柴田屋の事業戦略は価値戦略です。
飲食店様のお役に立てたかどうかが価値基準です。」
 
①柴田屋人で勝つ(絆×挑戦=感動)
新人(マナー・他部署)研修、柴田屋人研修、ドリームプラン研修、成長ファイル&個人面談、業界ニュース&社長通信、シェアリング会
②酒匠で勝つ(商品はSAKEのみ)
こだわり通信、シバの日、自社輸入商品&日本酒勉強会、ソムリエ、サケエキスパート、体験(田植え・収穫)ツアー、作り手見学ツアー、海外研修、50期までにS商品200アイテム(売上シェア4.2%)、シャトーの出店(専門店×エリア)、ドリンクメニュー研究所、クラブ柴田屋
③BtoBで勝つ(主戦場は外食市場のみ)
1都3県、自社物流、品質管理(完全リーファー)、製造卸業
④アカデミーで勝つ(スタッフ研修・応援)
こだわり通信、シバの日、出張シバの日(地方&お客様)、毎日シバの日(シャトー)、ソムリエ、サケエキスパート、S1、太陽の会、体験(田植え・収穫)ツアー、メーカー見学ツアー、オープン研修、海外研修、シバーポン、繁盛店視察、業界ニュース、成長外食企業経営者ご紹介、理念合宿、経営セミナー
⑤海外で勝つ
人と人をSAKEで繋ぎ、世界中を笑顔にする!
2020年までに10ヶ国に進出する

品質管理への取り組み

ワインセラー

ワインセラー
ワインの美味しさは、保管する環境が大きく左右します。
 
特に夏場は、一般的な倉庫では高温になるため品質の劣化が避けられません。
 
そこで柴田屋では、ワインセラー(低温室)を設置し、温度管理を徹底しております。

エチケット

エチケット
「冷えたワインは嬉しいけど、水滴でラベルが損傷する」とのご指摘を受け、柴田屋では“ワインの顔”とも言えるエチケットを保護するため、一本一本ラップを巻いております。

冷蔵室

冷蔵室
柴田屋では倉庫に冷蔵室を設けており、日本酒やクラフトビールといった“要冷蔵商品”の品質保持に取り組んでおります。
 
特に日本酒は「抜栓してからの品質劣化が遅い」とご好評いただいております。

リーファー車

リーファー車
「柴田屋は日本一を目指す酒屋だから全台保冷車が当たり前だ!」との決断から10年、増車するときはもちろん、廃車する度に保冷車に入れ替え、ようやく全台リーファー車化が実現しました。
 
1台あたりのコストは約2倍ですが、「柴田屋の商品はいつでも美味しいね!」と言って頂けるためには絶対に譲れない取り組みであると確信しております。

安全靴

安全靴
社員の安全確保の為、セーフティーシューズ(安全靴)を導入
セールスドライバーや倉庫の商品管理の社員は、生ビールの樽を運んだり、パレットを移動させたりと、重量物を扱っております。
通常の靴やスニカーを履いて業務を行っていた場合、不注意により生ビールの樽(中身入り)やパレットなどの重量物を足の上に落下させてしまうと従業員が怪我をしてしまう危険があります。万が一そういった事が起きてしまった場合でも従業員が怪我をしないよう安全確保の為、セーフティーシューズ(安全靴)の導入をしました。
 
こういった取り組みにより、柴田屋は「入庫〜出庫〜配達〜お客様」まで、品質管理を徹底しております。

会社沿革

柴田屋の決断

柴田屋の決断
柴田屋の決断
柴田屋の決断
柴田屋の決断
柴田屋の決断

三代目の決断

 「柴田屋の今」を伝えるには、様々な環境の変化の中、過去にどんな決断をしてきたのかを知ってもらうことが一番理解しやすいと考え、「三代目の決断」を記すことにしました。現在新卒採用のための会社説明会で話している内容です。柴田屋の社風や文化はどのようにできたのか、これを読めば理解できると思います。是非「柴田屋の今」をたくさんの人に伝えてください。
 
決断①「柴田屋で働くぞ!」
 大学時代、僕には2つの選択肢がありました。一つは家業の酒屋を継ぐこと、もう一つは異なる職業に就くことでした。僕は4人兄弟で両親は共働きでした。でも愛情たっぷりに育ててくれました。どんな時でも褒めて励ましてくれました。高度成長期で景気が良かったこともあり、業績は上がって行きました。勢いがありました。社員みんな家族のようでした。そんな中、将来は長男である僕に柴田屋を継いで欲しいという両親の期待を感じていたので、決断は簡単でした。柴田屋で自分がどこまでできるのかチャレンジしたいと思いました。
 
決断②「社員を大切にするぞ!」
 人生には2つの生き方がある(柴田屋人の行動指針12ヶ条参照)。酒類小売免許の規制緩和前で今後業界がどうなっていくのか不安の中、柴田屋・家族を守るためにはどうしたらいいのか?を考え、「日本一の酒屋」で修業すれば生き残れると決断しました。ところが嘘をつくのが嫌だったので、正直に酒屋の息子で3年間の期限付きと説明したところ何度も断られました。しかしここで諦めては未来がないと、根気強く交渉し入社させてもらいました。
 そして、人生初の大阪での3年間が始まりました。目的はただ一つ「日本一の酒屋の作り方」でした。どうしたら知ることができるのかを探り、ようやく創業者である会長にあうことができました。会長に日本一になる秘訣を尋ねると、「人や」と一言だけ。この時その意味がすぐにわかりました。勿論お客様もですが、それ以上に社員を大切にしていることを実感していたので、柴田屋に入ったら社員を大切にすると決断しました。
 
決断③「業務用卸(BtoB)に特化するぞ!」
 当時の柴田屋は、飲食店向けの業務用卸(BtoB)と近所の住宅への配達が主な業務でした。このまま酒類小売免許の規制緩和が実施されれば、大手資本のスーパーやコンビニで酒類が販売されるため、事業の柱を参入障壁のある業務用卸へ全面的にシフトすることを決断しました。
 
決断④「既存店のお客様を大切にするぞ!」
 その頃僕は、トラックで配達しながら営業をしていました。新規店の開拓をしなければ柴田屋を守れないと考えていました。ある時いつものように既存店様のお隣の居酒屋さんに飛び込み営業をしました。武器は価格しかありませんでした。そこに、そこの酒屋さんが配達にきました。その瞬間僕は柱の陰に隠れてしまいました。何かやましいことでもしている気分になりました。「横取り?」居酒屋の社長は「柴田屋さんの250件のお客様は満足しているの?」その時僕は、お客様から選んで頂いているということにそれまで気付いていませんでした。新たなお客様を開拓することしか考えていませんでした。既存店様のご繁盛のお手伝いができれば、共に成長することができます。共存共栄のサイクルです。そして「既存店第1、新規第2」という標語を事務所に貼りました。「提案⇒ご繁盛⇒もう一店舗出店」250件のお客様が繁盛し、もう1件ずつ出店したら500件になる。それから「こだわり通信」「シバの日」などの、お客様のスタッフさん向けのアカデミーを始めました。
 更に酒屋だけでは飲食業界の発展に貢献できないと思い、「S1サーバーグランプリ」「外食オーナーの経営塾 太陽の会」を立ち上げ社会貢献活動を始めました。
 
決断⑤「ワインを制するものが日本一だ!」
 一番難しいワインの提案ができれば、日本酒やクラフトビールも攻略できるし、価格競争だけの同業社には必ず勝てると、ワイン日本一を目指すことを決断しました。そのために僕がワインアドバイザーを取得し、品質管理(リファーによる温度管理とヴィンテージ&在庫管理)をスタートしました。現在「輸入→在庫→物流」と一貫したリーファー管理を実現しています。柴田屋のワイン売上シェア30%は、同業社の3倍、ビール1L50円の粗利額に対してワインは220円と4.4倍。手間がかかり大変ではあるが、どこにチャンスがあるかは明白です。
 
決断⑥「理念経営をするぞ!」
 社員が増え、新しい部署ができ、拠点が3ヶ所になり、様々な考えを持つ社員が現れ始めました。そこで「経営計画書」を活用して同じゴールを目指すことを決断しました。まず始めたのは「理念・ヴィジョン」を作り直すことでした。幹部合宿で2日間かけて、自分達らしい想いの込もったものが出来上がりました。そして経営計画はと月次決算とのギャップを検証し対策を練ります。(G→P→D→C→A)柴田屋の理念「全社員の幸せ」を実現するために、ヴィジョン「感動を運ぶ日本一の酒屋」を全社員で目指します。
 
決断⑦「海外進出するぞ!」
 10年後に生き残る飲食店はどこか?もしそれがわかれば今からお付き合いを始めればいい。でも誰もわからない。仮説を立てるとしたら、「成長企業は出店しなければなりません。そのためには人材を集めることができる魅力のある会社」。日本の人口は減少していきます。海外からも採用できる会社、海外進出している会社しか成長できないのでは?そこで柴田屋も海外進出し、日本との架け橋になれればお役に立てるのではないかと決断しました。現在タイ(バンコク)、イタリア(ミラノ)、韓国(ソウル)に法人を立ち上げ、日本酒や焼酎の販売をしています。2020年には、世界10ヶ国との架け橋を目指します。
 そして日本酒を「国酒から国際酒へ!」するために一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション(JSA)を立ち上げ、「サケエキスパート」を通じて日本酒業界の発展にも貢献していきます。
 
決断⑧「S商品で製造卸業になるぞ!」
 為替や資材の高騰により輸入酒類の「値上げ」が続いていました。お客様の困った顔を笑顔にするには自社で輸入するしかないと決断しました。既に市場に流通している商品よりもコストパフォーマンスの高いものしか、S商品とは認めません。またS商品は輸入だけではなく国産オリジナル商品を積極的に開発するため、「株式会社麦酒企画」をグループ化することによりオリジナルビールの製造を可能としお客様に柴田屋にしかできない商品やサービスをお届けします。

有資格者

日本ソムリエ協会認定 ソムリエ / ワインアドバイザー

  • 営業本部
    9名
  • 管理本部
    8名
  • 社長室
    4名

日本地ビール協会認定ビア・ティスター

  • 営業本部
    6名
  • 管理本部
    4名
  • 社長室
    1名

日本酒サービス研究会(SSI)認定利酒師

  • 営業本部
    2名
  • 管理本部
    4名
  • 社長室
    1名

日本テキーラ協会認定テキーラ・マエストロ

  • 営業本部
    1名

ジャパン・サケ・アソシエーション認定 サケ・エキスパートc

  • 営業本部
    19名
  • 管理本部
    8名
  • 社長室
    6名

サポート企業

飲食専門のマーケティング会社。WEBマガジン「フードリンクニュース」も配信中。

業務用キッチンウエア・食器販売。繁盛店づくりを協力にサポートします。

キャンペーンや展示会などさまざまなイベントの企画・制作・運営をお手伝いいたします。

店舗デザインならお任せください。あらゆる業態でお役に立ちます。
創業70年。食材のことは何でもお任せください。

飲食店の計数管理、POSのことはお任せ!

ビジョン 日本の中小企業を元気にすること。

TOP