Change the MENU

飲食店の新しいスタイル事例vol.2

店頭販売のワインがたくさん並んでいます
売り上げ確保に向けて様々な取り組みが行われていると思いますが、みなさまのお店ではいかがでしょうか。
今回は効果的なSNSの利用例、3密回避に効果的なテラス席、そして「期限付き酒類販売免許」の活かし方をご紹介させていただきます。少しでもみなさまのヒントになれば幸いです。

<インスタは最強の集客ツール!>

スマートフォンでSNSをチェック
お店を探す際、いわゆる口コミサイトではなくインスタグラムでハッシュタグ(#)
検索が今の主流といわれています。無料で、しかもすぐにでも始めることができるイ
ンスタは、いくつかのコツを押さえれば集客ツールとしても有効です。そのポイント
をご紹介します。(参考:Foodist)

①プロアカウントへ切り替え:フォロワーの年齢や地域なども分かるため、個人アカ
ウントからプロアカウントに設定する。
②プロフィール欄の充実:読んだ人がどんなお店なのかイメージできるよう、自己紹介を充実させる。
③ハッシュタグを活用:閲覧する人がどのような層なのかイメージし、検索しそうなタグ(#)を付ける。投稿件数の多いものと少ないものを組み合わせることで、より多くのユーザーの目に留まるようになる。
④お礼コメント:お店の口コミを投稿してくれた人には、お礼のコメントをする。

<テラス席設置で集客アップ!>

テラス席
国土交通省は6月5日、新型コロナで影響を受ける飲食店への支援策として、テラス席やテイクアウトなどの路上営業に対する道路占用料を、一定条件のもと免除する緊急措置を実施することを発表しました。使用の許可が下りれば3密を回避したい利用者のニーズに応えることができるでしょう。テラス席需要の高まりは、株式会社ぐるなびが行った調査からも明らかで、ここ3か月の「テラス席」の検索指数が6.6倍に伸びており、人気の高まりが伺えます。また、この夏にしてみたい外食スタイルとしてテラス席など店外空間を利用しての飲食は26.9%と最多で、多くの人が関心を持っていることがわかりました。テラス席設置についての条件や詳細は、国土交通省のHPをご覧ください。(参考:PRタイムス、日経XTECH)

<酒類のテイクアウト成功のコツ!>

店内メニューに載っている商品をテイクアウトもできるとなれば、お酒の利益が純粋に売り上げに上乗せされます。その成功の秘訣は・・・(参考:The French Toast Factory 都立大学店様)

①テイクアウト実施店であることの告知:POPやチラシ、持ち帰り用メニュー作成などでお客様に持ち帰りできることをアピールする。
②料理とのマリアージュ:テイクアウトできる料理と相性の良い組み合わせを提案し、客単価アップ!
③わかりやすいキャッチフレーズ:味わいを表現する簡単なキャッチフレーズ(例/赤身肉との相性無限大!など)を店内ディスプレイやボトルネックに表示。お客様もイメージしやすく伝わりやすい。

TOP